☆Zamami De Dive
10年近く前にナイトダイブで、珊瑚の産卵を、ビデオとスチールカメラに撮影するということで手伝いをしました。
夜8時出航、深夜1時ごろまでかかる作業でした。とにかくひとり3〜4本のタンクを駆使して、水深10M程度を1本90分前後潜り、産卵シーンを撮るのが目的でした。
「手伝ってくれ。」の一言に、モデルにでもなるのかなと思いましたが、実態はいわゆる機材運びと、照明あて、ケーブルさばき・・・。水面休息も何もなくボートに上がり、タンクチェンジで直ぐ潜るという連続でした。なかなかできない体験だったので、面白かったのですが、もちろんポイント名はなく、潜水時間もわからないまま、LOGBOOKには記載されないダイブでした。
またLOGBOOKには記載されないダイブというと座間味での早朝ダイブ、朝6時過ぎからNHKの朝番組の生取材で「さすがは座間味です。こんな早朝からダイバーが潜ってます。」ということで、仕込みダイバーを演じました。
船上からバックロールで飛び込み、潮の流れがきついなかロープにつかまるという設定でしたが、ディレクターのキュー出しがはやくて、ヘリコプターからのカメラ1台なのでTVには豆粒ほどにしか写らず、後は寂しげに泡のみが映し出され、結局初心者ダイバーの方が船上で待機しているが大写しで顔もバッチリ、クローズアップです。
カッコ悪いのは、前夜、私たちの東京の友人に「明日の朝のNHKの朝番で全国ネットの取材されるんだぞ。」と言いまくってしまい、挙句の果てが豆粒です。こんなのありでしょうか。
東京へ戻ってから暫くの間友人に合わせる顔がありませんでした。


☆撮れ取れダイバーズ
10年くらい前、沖縄本島でダイビングをしたときの事です。
昼間2本潜りその日はナイトダイブの日でした(曜日によって可能日)。夜10時30分に集合しショップでウエット、機材をセットアップしてワゴンに載せ目的地まで走ります。ところが目的地には設備はなくて車のライトで装着して、、11時30分過ぎからエントリー、ところが海中に入る前に全員にスピアを渡すのです。
私たちはカメラを持っていたのでスピアは渡されず、当然ガイドもしません。まあビーチエントリーなので危険はありません。
ところが魚は水中写真を撮った後にスピアで取られるのです。
これには参りました。アオブダイ、タコ、イセエビ等です。もうビックリ、60分近く潜った後はショップに戻り魚をさばいて泡盛で酒盛りの始まりです。
後で分かったのですが、その日のメンバーはナイトしかやらない客(地元の方々)、そして地元のうみんちゅなどなど、朝4時過ぎまでやってました。
ナイト=海賊という方程式がここにはあることが分かりました。なんせこのショップ、最初に作った部屋はキッチンだそうです。


やばいガイド現る!
何年か前に久米島でとんでもないおもいをしました。
13、4人の男女でダイビングツアーを組んで行ったのですが、ガイドひとりでダイビング、やたら海中で早く泳ぎ、カメラの被写体を探す暇もなく(ダイバー10名ほどカメラを持っているのです。状況見れば無理を言っているわけではない。)、はぐれてしまう人も出てきました。それでもう少し客の泳力にあわせるように伝えると、ガイドのほうのペースにあわせるように言われました。こいつ魚じゃないのというくらいに本当に速く泳ぐガイドでした。素人相手に何むきになってんだよ。どっちが客だか分からない。エアーチェックもしません。仕方なくみんなでチェックしガイドに伝える、ボートに上がればみんなへとへとです。
後半はこいつはやたら洞窟が好きなようで、穴を見るといきなり入っていき、実は私は人ひとりが通れる洞窟の中で前にも後ろにも行けずになり(タンクがつかえた)、ゲージを見ると20を指し水深は20mオーバーかなりヤバイ思いをしたことがありました。
こんなバカたれガイドについていくのはもうこりごりです。
皆さんもヤバイガイドには気をつけましょう。とりあえず水中でエアーチェックをしないガイドはヤバイかも。