2003年05月 の投稿ログ


492.防災訓練  
名前:matsuo    日付:5月29日(木) 22時48分
Original Size: 900 x 675, 100KB Original Size: 900 x 675, 54KB Original Size: 900 x 675, 120KB

こんばんは。
6月2日に長崎市では総合防災訓練が神の島、木鉢町でおこなわれます(2千人が参加)大型客船火災を想定したものです。
これに先立って休航中のフェリー五島を使って訓練がありました。
Webページで画像掲載しています。
http://www.nextftp.com/matsuo/newdezima/index.html

http://www.nextftp.com/matsuo/newdezima/index.html



493.Re: 防災訓練
名前:せなうん    日付:5月30日(金) 23時14分
Dプリンセスのこと、火災前はあまり話題にならなかったのに、今では誰でも「あぁ、あの船のこと」と返事が帰ってきます。そんなものなんでしょうか?と最近思う今日このごろ、もう2度とあってほしくないですね。訓練も重要ですが、まずは火を起こさないでほしい!

490.ドーバー港  
名前:ジョージ    日付:5月29日(木) 19時32分
新造船『Costa Mediterranea』が現在寄港中。
右隣に『Mona Lisa』も。
『Costa Romantica』も入港しているはずですがライブ中継が途切れております。

http://www.mediacons.it/infocruisesite/ShipInfo.asp?name=Mediterranea



491.『Costa Mediterranea』
名前:ジョージ    日付:5月29日(木) 21時31分

『Costa Mediterranea』は現在ルアーブルへ向け航行中 
ルアーブル入港予定は 30日 06:00  出港予定は31日 10:00
バルセロナ入港予定は 6月4日 08:00 出港予定は5日  10:00

486.にっぽん丸  
名前:ジョージ    日付:5月24日(土) 22時52分

にっぽん丸(初代)は南米航路に就航していたあるぜんちな丸(三菱神戸建造)を改名し、クルーズ船として不要となる貨物スペースをキャビンに変更し船首部に6室(x4名)、船尾部に8室(x4名)増設し定員を375名から431名に増やしました。また研修クルーズで使用される教室を3箇所と、大食堂のスペースを拡張しました。 1972年に就航開始し、翌年には2月14日から5月13日まで横浜発の世界一周クルーズ(定期航路客船以外の客船クルーズで日本初)を実施し、ホノルル・ロスアンゼルス・クリストバル・べレム・レシフェ・サントス・ブエノスアイレス・サントス・ケープタウン・ポートルイス・ペナン・シンガポール・香港・横浜と寄港しました。

1975年に入るとブラジルでサントス〜マナウス間(往復約1ヶ月)に就航しておりましたロサ・ダ・フォンセカ(ユーゴスラビア・現クロアチア、スプリット建造)をチャーターし、7月に三井造船玉野で約1ヶ月間の改装工事を行い、ボートデッキのチャペルをミーティングルームに、ジムをオーガナイザーズオフィス、プロムナードデッキのカフェを美容室に、船医室、ダインニングサロン脇にオーナーズルームを、Aデッキではオーガナイザーズインフォメーションと印刷室、Cデッキに診療室を増設しました。(当時の船員は船長以下87名がフィリッピン人、25名が日本人でした。)。最初のクルーズはチャターで自主クルーズは2次航からで香港・沖縄クルーズを行いました。76年に初代にっぽん丸が引退しその名を引き継ぎ2代目にっぽん丸となりチャーター元から購入しました。その後ボートデッキのサロンが拡張されたり、オーガナイザーズオフィスがカードルームに変更、茶室がその隣に増設されました。プロムナードデッキではランドリールーム、ユーティリティルームの増設、オーナーズルームがショップに変更、プールをなくしデッキを拡張、Aデッキのダイニングサロンと講堂(以前ラウンジ)の拡張が行われました。Cデッキではキャビンが10室減らされました。

1990年に21903総トン、航海速力18ノット、全長166メートル、幅24メートル、喫水6.5メートルの3代目にっぽん丸を三菱工神戸で新造しました。スカイベランダ、ピアノラウンジ、マーメードサロン、ミッドシップバー、ネプチューンバー、カードルーム、和室「吉野」、ブティック、ライブラリー、美容室、ドルフィンラウンジ、レストスポット、大浴場・サウナ、ダイニングルーム、シアターがあります。現在までに3回改装され全ての客室と主なパブリックスペースがリニューアルされました。



487.補足
名前:せなうん    日付:5月24日(土) 23時24分
Original Size: 480 x 321, 36KB Original Size: 480 x 331, 36KB Original Size: 480 x 323, 27KB

左から初代(1996年1月鳥羽で撮影)、2代目(1990年8月横浜で撮影)、3代目(撮影日不明、東京で撮影)です。



488.Re: にっぽん丸
名前:せなうん    日付:5月25日(日) 10時1分
訂正です。ジョージ様からご連絡を頂くまで知りませんでした。左の写真は
初代「にっぽん丸」の姉妹船、「ぶらじる丸」だそうです。初代が船名を変えたのだとばかり思ってました・・・。


489.Re: にっぽん丸
名前:SERO    日付:5月29日(木) 14時41分
初代はこれ?
http://www.platz.jp/~teewinds/memories/nippon.html

484.サファイヤ・プリンセス  
名前:matsuo    日付:5月24日(土) 12時37分
Original Size: 896 x 672, 94KB

こんにちは。
三菱重工長崎造船所香焼工場では今日、「サファイヤ・プリンセス」(元ダイヤモンド・プリンセス)が建造ドックから修繕ドックへ移動しました。
建造ドックでの船体ブロックの組立が終わって今後は修繕ドックで
仕上げ工事が本格化するのでしょう。

http://www1.cncm.ne.jp/~mmatsuo/



485.Re: サファイヤ・プリンセス
名前:せなうん    日付:5月24日(土) 16時44分
写真ありがとうございます!8月末には進水式をするそうですが、是非詳しい情報がございましたらお知らせ願います!! 進水後は何処へ接岸するのでしょうね?香焼・それとも・・・。

482.海洋地球研究船「みらい」  
名前:matsuo    日付:5月22日(木) 21時12分
こんばんは。
写真ありがとうございました。
海洋地球研究船「みらい」の前身は、原子力船「むつ」
だったのですか?。
95年には原子炉を取り外されて、通常の動力、ディーゼル発電・電気推進方式に生まれ変わって海洋地球研究船「みらい」となった。
みらいの母港は、青森県むつ市です。

http://www1.cncm.ne.jp/~mmatsuo/



483.Re: 海洋地球研究船「みらい」
名前:せなうん    日付:5月24日(土) 9時27分
Original Size: 390 x 270, 39KB Original Size: 390 x 270, 26KB

そうです。元原子力船「むつ」です。もう改装して8年にもなりますか!東京晴海ふ頭で改装中の「むつ」を見たことがあります。石川島播磨重工に係船されている姿ですが、船首半分しかありません。原子炉のある船尾は他の造船所で改装され、ディーゼルエンジンに積み替えたあと、東京へ曳航して再び合体しました。それが現在の「みらい」です。(「みらい」の写真は下記URL「港長崎掲示板」に投稿してます。)余談ですが、「むつ」改装写真を撮影したときに、建造中のフェリー「すいせん」も同造船所にありました。
http://www1.cncm.ne.jp/~mmatsuo/


480.ライブ中継中  
名前:ジョージ    日付:5月22日(木) 6時22分
AdoniaとOceanaの命名式。
http://www.pocruises.com/inaugural/highBand.htm

450.TOPAZ  
名前:Voyager    日付:5月4日(日) 21時15分
ピースボートにチャーターされ6月に世界一周に出ることになっていますが、
東京港の予定に掲載されていません。実際のところどうなんでしょうか?
入出港日時についてご存知の方いらっしゃいますか?



456.Re: TOPAZ
名前:せなうん    日付:5月6日(火) 20時38分
神戸港は6月15日になってますね。前港が東京のようですが、まだ未定なのでしょうか?


479.Re: TOPAZ
名前:せなうん    日付:5月21日(水) 22時25分
ようやく東京港の入港予定に載りましたですね!10日12時入港・・・これは見に行けそうもない。トホホ・・・。

477.プロジェクトX  
名前:matsuo    日付:5月20日(火) 19時49分
こんばんは。

既にご存知かも知れませんね。
今日の「プロジェクトX」新聞のテレビ番組では
「海難史に残る救出劇・・・。」とありました。
お時間がありましたらどうぞ。(^○^)

http://www1.cncm.ne.jp/~mmatsuo/



478.Re: プロジェクトX
名前:せなうん    日付:5月20日(火) 23時55分
波で船が破壊されるなんて、やっぱり船は恐ろしい・・・。とご覧になる方も多いのでしょうけど、船首を失っても人命の為、船は浮かび続けるのですから・・。あの状況で全員助かったこと、やはり船は安全性に優れてます!もちろん救助に向かった乗組員の適切な判断があってこそですが。

458.NCL America  
名前:ジョージ    日付:5月7日(水) 13時25分
NCLは自社HPでハワイでの運航会社NCL Americaの設立を発表。

ハワイでの運航には現在改装中のプロジェクトアメリカ(当面 PA1と呼ぶ)をアメリカ国籍、オールアメリカ人クルーで2004年7月4日より7日間のインターアイランドクルーズに就航させる予定。次にノルウエージャン・スター(PA2)をアメリカ国籍に改め船員も100%アメリカ人にしたうえ、2004年10月1日から3〜4日間のインターアイランドクルーズに就航させるとしている。また現在運航中のノルウエージャン・スターによるファニングアイランドを含むコースの運航は2004年4月までの予定で、2004年5月19日よりノルウエージャン・ウインドが10〜11日間クルーズを予定(但し夏季はアラスカクルーズに就航)



463.Re: NCL America
名前:ジョージ    日付:5月8日(木) 13時3分
NCLの3姉妹

1968年冬スターワードが運航を開始しました。しかしこれより前の1966年からサンワードが就航しておりましたがこの船はノルウェージャンカリビアンラインズ(1987年にノルウェージャンクルーズラインへ)が自社で建造した船ではなく、英国からリスボンとジブラルタルを結ぶフェリーとして運航されておりましたが時のフランコ政権が門戸を閉じた為マイアミへ持って来て運航するようになったのです。サンワードと似たデザインのスターワードはブリッジの上のデッキに設けられたガラスで囲まれたトロピカーナガーデンとキャンベラと同じようなツインファンネルが印象的です。ボートデッキはミッドシップにキャビンが船尾にリドバーとプールが、ギャラクシーデッキにはビーナスラウンジにバー、ミッドシップにはベランダとネプチューンダイニングルーム、船尾にオリオンクラブとパブリックスペースが占めている。次のスカイワードは1970年に少し大きめの船で運航を開始しました。外観は似ておりましたがキャビンのカテゴリーのキャビンが前の船とは違うデッキに配置されました。ボートデッキの配置は前の船と同じですがスィートの配置デッキが異なっていました。また2層のシアターがこちらには設けられた。その次はサウスワードが1972年から運航開始となりました。大きさはスターワードと同じくらいでしたがトロピカーナラウンジと同様のスペースがより大きく拡張され、また前の2船と異なりボートデッキにメインラウンジやカクテルラウンジカードルーム、アートギャラリー、ライブラリーとパブリックスペースで埋められました。そしてボートデッキの船首にはスィートおよびインサイドキャビンとミッドシップにダイニングルームが配置されました。

スターワード 12,959トン、現在はボレロ。 スカイワード 16,254トン、現在はレジャーワールド(?)

サウスワード 16,607トン、現在はシーウィング


465.RCCLの3姉妹
名前:ジョージ    日付:5月9日(金) 21時53分
1970年11月まずソング・オブ・ノルウェーが運航開始となりました。ソング・オブ・ノルウェーはファンネルの後方中間部に特徴のある円形のバイキングクラウンラウンジを設けたことです。コンパスデッキとサンデッキには船腹より幅のある半円のサンウォークを設けました。プロムナードデッキはミッドシップにのみキャビンをもうけ船尾にはミッドナイトサンラウンジ(夜はナイトクラブに)とベランダカフェ(ブュッフェスタイルの朝食や、昼食、午後のお茶が楽しめます)が配置さ
れました。その下のレストランデッキは船首にマイフェアレディーラウンジ(船客やクルーによるタレントショー、マスカレード、カジノナイトが楽しめます)、ミッドシップにダイニングルームと船尾にバラエテーショウーが演じられるサウスパシフィックラウンジを設けました。(パブリックルームにはミュージカルのタイトルが名付けられました)

1971年にはノルディック・プリンスが運航開始となりました。外観のデザイン(サンウォークを除き)やパブリックルームの配置はほぼ同じでしたが、キャビンは若干配置が異なっておりました。
1972年にはサン・バイキングが就航しましたがサンウォークは半円に戻された他、キャビンの配置が若干違うところを除けば3姉妹共パブリックスペースの配置は同じで大きさは約18,500トン前後でした。

*ソング・オブ・ノルウェーは78年、ノルディック・プリンスは80年に船体延長工事が実施されました。

*サン・バイキングは1996年には日本を含む東南アジアクルーズが5コースと翌年は7コースが組まれていました。

*なお1982年に竣工したソング・オブ・アメリカはバイキングクラウンラウンジをファンネルを囲むようなデザインに改められました。バイキングクラウンラウンジはグランジャークラスはデッキのミッドシップに、スプレンダークラスやボイジャークラスはファンネルの下部と船により設置場所も変化しました。

ソング・オブ・ノルウェー 18,416トン→23,005トン、現船名:サンドリーム、

ノルディック・プリンス 18,346トン→23,200トン、現船名:カルーセル

サン・バイキング 18,559トン 現船名:現代蓬莱ポンレオ[スーパースターサジタリウス]


467.Princessの3姉妹
名前:ジョージ    日付:5月11日(日) 18時0分

最初の船はカナディアンパシフィックから1965年冬にチャーターしたプリンセスパトリシア(1949年竣工)で、夏季アラスカクルーズ用に1963年改装され運航されていましたが、プリンセスクルーズが冬季に暖かいメキシコクルーズのために使用されるようになりました。(翌年冬季にも使用されました) プリンセスパトリシアは約6000トンの船でアフターオブザベーションルームとボートデッキにプリンセスルーム(ラウンジ)、プロムナードデッキにフォーワードオブザベーション(95席)、アッパーデッキはソーシャルルームとダイニングルームの他はキャビンでした。
67年にはイタリアの船会社からチャーターしたプリンセスイタリアを投入しました。約12,200トンで400名定員の船で、リドデッキにベランダとプール、その下のリビエラデッキにはオブザベーションラウンジ(前方やや下のデッキにキャビン)と、カードルーム、ギフトショップ、グランドサロン、船尾にはナイトクラブ、プロムナードデッキにはダイニングルームとギャレーがデッキの半分のスペースを占めてあります。そのほかにはシネマが最下層デッキに。その後74年冬コスタラインのイタリアとなった時にはオブザベーションラウンジが23室のキャビンへ変更となりました。又カードルームがゲームルームにギフトショップがカードルームに変更されました。その後オーシャンプリンセス(オシャンクルーズラインズ)と改名し運航されていた時にはリドデッキのベランダが模様替えしカフェドラペになり、前部にあったオフィサー居住区がキャビンに変更となりました。ゲームルームがカジノ、ブティックがホールの中央に、ラウンジとナイトクラブなどが模様替えとなりました。
3番目にチャターされたのはコスタラインのカルラ Cで、この船は元大西洋横断航路にも使用されたフランドレでサンデッキにはケンネルと子供用遊戯室。ボートデッキにはキャビンが12室。アッパープロムナードデッキにはデッキの前方半分にキャビンとファーストクラス用のシネマ。後方にはライティングルーム、ジムとマッサージ室、プライベートバー、スモーキングルーム、プール(何れもファースト用)。 プロムナードデッキにはファースト用キャビンとツーリスト用ラウンジが。2層下のデッキにはキャビンとファースト用ダイニングルームとギャレーを挟んでツーリスト用ダイニングルームが。コスタライン73年10月からのカルラ Cクルーズのデッキプランではサンデッキが拡張されオフィサー用居住区が増設。ボートデッキのキャビンは18室に。アッパープロムナードデッキのキャビン(バーに)の前方にオブザベーションラウンジが新設、マッサージ室がギフトショップへ、ジムとプライベートバーがスモーキングルームと繋げられグランドサロンとして生まれ変わりました。又ファースト用のダイニングルームはコンチネンタルラウンジへと変更されました。

*なおコスタラインはエウジェニオ Cによる世界一周クルーズを実施し77・78年の秋に日本にも寄港させました。


468.CARNIVALの3姉妹
名前:ジョージ    日付:5月13日(火) 21時7分

1972年にカーニバルクルーズラインズで就航を開始したマルディ・グラは元エンプレス・オブ・カナダでカナディアンパシッフィックの大西洋横断航路客船として11年前に誕生した船で、サンデッキにはエクササイズルームとバレーコートが、プロムナードデッキにはショーボートラウンジ、ショーボートクラブカジノ、エルパティオグランデ、アートギャラリーが、その下のデッキはエンプレスデッキと呼ばれ船首にキャビンとブティクが、後方3分の2に当たるスペースにショップが2店、美容室、グランドボールルーム、カルーセルラウンジとバー、ポイントアフタークラブ(ディスコ)、プールが配置されています。パブリックスペースで他にはアッパーデッキにバーボンストリートアーケード、メインデッキにシネマ、リヴィエラデッキにフラミンゴダイニングルームが。(75年の7日間クルーズのミニマムはオフシーズン料金が$365でプラス$30〜$80でフライクルーズかレールセール(マイアミまでの飛行機か鉄道とクルーズの組合わせ)プランに変更可能でした。
1976年にはカナディアンパシッフィックで就航していたエンプレス・オブ・ブリテンをカーニバーレと改名し就航させましたが5歳上のお姉さんでした。プロムナードデッキにはディスコ、ライブラリー、マルディ・グラ・ナイトクラブ、リバーボートショーラウンジ、ドルフィンバー、リバーボートクラブラウンジとカジノ、シネマ、ショープレース、3層下のデッキにダイニングルームが。フィエスタマリーナからオリンピックへと変更になってからもあまり変化はないが、トパーズになるとサンデッキにヨットクラブがまたプロムナードデッキのディスコ前方にキャビンが新設され、リバーボートクラブラウンジがカジノへ、カジノがショッピングアーケードに改装されました。
1978年には英国〜南ア航路に就航していましたトランスバール・カースル(後にS.A.バール)をフェステバーレと名付け川崎重工神戸で改装し就航させました。S.A.バール時代はホテル(ワン)クラス:オブザーベーションデッキの大部分がキャビンでパブリックスペースは僅かにドローイングルーム、セラーバー、ヴィンヤードのみ。プロムナードデッキは最前部にスモーキングルーム(トレードウインドクラブ)、オランジェリー(ガスライトサロン)、、ライブラリー、ライティングルーム(ブティック)、アセンブリールーム(ガスライトクラブカジノ)[以上( )で囲まれた名前がフェステバーレになってから]、ゴールデンルーム、プールと最後部には子供用遊戯室。AデッキはキャビンのみでBデッキはキャビンとシネマ。Cデッキはダインニングルーム(418席)とキャビンがありました。フェステバーレに変わると以前はボートデッキと呼ばれていたデッキが拡張され前方と後方の2箇所にプールが出来ました。オブザーベーションデッキはベランダデッキとなり80%以上がキャビンとなりインサイドにジムとサウナ、最後部にプールが出来ました。プロムナードデッキは船首部デッキが拡張されコパカバーナラウンジになり、オープンデッキにあったプールを潰しカーニバルラウンジとキャバレーナイトクラブ、ファンタZ ディスコを新設しました。またA・B・C・Dデッキにキャビンが増設されました。現在はビッグ・レッド・ボート3となっているのですが最近東南アジアへの最終航海の準備に入ったとのニュースが流れました。

*7月14日(月)の最新鋭カーニバル・グローリーの命名式で名付け親には最初の女性宇宙飛行士サリー・ライド博士が予定されております。
*カーニバルの現在の船客年齢層は35歳以下が30%、35-55歳が40%、55歳以上が30%となっております。


476.Re: NCL America
名前:ジョージ    日付:5月20日(火) 13時21分

プロジェクトアメリカ1(PA1) を「プライドオブアメリカ」に、 スカイラインレストラン、リバティ・レストラン、 ローン・スターステーキハウス、チャイナタウン、ジェファーソンビストロなど8つのレストランでのフリースタイルダイニングが呼び物です。
ノルウェージャン・スカイ(PA2)は「プライドオブアロハ」と改名され、アメリカ国籍、全員アメリカ人クルーにより運航されます。

472.シップ・アンド・オーシャン財団ホームページから  
名前:ぜんまん    日付:5月17日(土) 19時40分
クルーズについてhttp://www.sof.or.jp/letter/2003/030420_01.html



475.Re: シップ・アンド・オーシャン財団ホームページから
名前:せなうん    日付:5月19日(月) 21時45分
読みました。構想ではなく、現実に起こっていることを正確に伝えている内容ですね。ただ、お話にもあったように、港湾、運送法、航法規則、船舶それぞれが纏まって策を練らないとダメだと私も思います。しかも、権限の強い機関でないと・・・。

473.ドリームジャンボ宝くじ(広告)  
名前:おりおん    日付:5月19日(月) 12時49分
本日の全国紙の広告で「来島海峡大橋」がバックになった広告が出ております。ほとんど橋は見えていないんですが・・・



474.Re: ドリームジャンボ宝くじ(広告)
名前:せなうん    日付:5月19日(月) 21時27分
関東のJRでも広告を見かけました。なるほど、灯台のある島の位置や、付近の様子が良く判る写真です。しかし、狭い海峡ですね!そこを6万トンの客船が通るのですから、スゴイです!

469.ペーパークラフトオリアナについて  
名前:保坂八百司    日付:5月16日(金) 20時24分
貴社ホームページでの上記ペーパークラフトダウンロードして作らせて頂いておりますが、もう少し詳しい作成手順図があるのでしょうか。
製作途中で立ち往生しております。



471.Re: ペーパークラフトオリアナについて
名前:せなうん    日付:5月16日(金) 23時56分
今どのあたりをご製作でしょう?詳しい作成手順を(これから)作成しますので、お教え願います。

444.ロッテルダム/レンブラント号  
名前:ジョージ    日付:5月2日(金) 12時18分

ロッテルダム/レンブラント号をロッテルダムドライドックカンパニーとロッテルダム港湾局が共同購入。
市を挙げての保存運動が成果を!

http://www.ssrotterdam.org/



447.Re: ロッテルダム/レンブラント号
名前:ジョージ    日付:5月3日(土) 16時8分

ロッテルダム号

ブリッジデッキ : スカイルーム 公室としては最上階にあり船尾に面して明るい窓のあるこじんまりとしたスペース。73〜81年までは同じであったが90年プランが変更になりました。
サンデッキ : 右舷のみキャビンが12室。サンルームはクルーズによってはAMEXやショアーエクスカーションオフィスとして使用される場合があった('64年のデッキプランではツーリストクラス用)、その後部はスポーツデッキ。
ボートデッキ : デッキの前半分が両舷共キャビンが、最後部には有名なリッツカールトンの上層部にあたるバルコニーが。
アッパープロムナードデッキ : 最前部にシアターのバルコニーが160席、カクテルが楽しめるアンバサダーラウンジ。以前は理髪室があったがギフトショップに改装。他ショップが3店(以前はブティクやニューススタンドとホテルマネージャーのオフィス)その次に右舷にショアーエクスカーションオフィス(以前はフォトショップ)と左舷にラィブラリー。それからスモーキングルームとトロピックバーと続き最後部が有名なリッツカールトンである。
プロムナードデッキ : シアターが450席ほど広いダンスフロアーのあるメインラウンジと右舷に会議室(一時ショアーエクスカーションオフィスやカジノであつた)、左舷はオーシャンバー、ジュエリーショップ、フォトセンターやギフトショップ、その次にはクラブルームからカードルームと変更後カジノへ。ツーリストクラス時代はカフェドラペとベランダであったがリドレストランへ。プール。(なおツーリストクラス時代はこのデッキ全部がツーリストクラス用)
Bデッキ : オデッセイ(ファーストクラス用)とラ・フォン・テェーニュ(ツーリストクラス用)
Dデッキ : インドアープール
’72年から98年の間キャビンの増減はほんの僅かしか見られない。
*公室関係ではツーリストクラスが広いスパースを占めていた(ファーストクラス用はアッパープロムナードデッキであつた)。(旅客定員('64年): ファーストクラス 580名、ツーリストクラス 789名)

レンブラントのデッキプラン

http://www.cruiseshares.com/deckplan1.cfm


448.Re: ロッテルダム/レンブラント号
名前:ふねきち    日付:5月4日(日) 10時1分
話が外れるかもしれませんが、お許しください。
日本での係留・係船にかかる費用というのはなんとか押さえられないのでようか?
全てと言っていいほど国内のホテルシップなどを含め、経営が厳しい中何とか頑張っていると思います。
個人的な意見ですが、「さんふらわあ」なんてなぜ日本に記念船として1隻ぐらい残らなかったのだろうか、寂しくなります。
税金の優遇やいろいろな手段が整備されていれば国内に残れたのではと、思うと悲しいです。
海外の保存運動は、活動者もさることながら自治体なども参加してくるし、国の援助や軽減措置が整備されるところが素晴らしいです。

http://sz.redbit.ne.jp/~murase/.ne.jp/~murase/


449.Re: ロッテルダム/レンブラント号
名前:ジョージ    日付:5月4日(日) 14時25分

ぶらじる丸が鳥羽港で博物館として係留されていましたが96年5月29日に中国へ解体のため向かいました。
またオリアナが別府で一般公開されていましたが、中国に売られ上海でも成功せず現在は大連に。
下記URLで奥丽安娜为大连的“旅游航母”の記事を参照。

http://hxl168.3322.net/cysj.htm


451.Re: オリアナ
名前:ジョージ    日付:5月4日(日) 22時18分
'82年に11年ぶりで日本に来航したオリアナはシドニーを9月10日21時に出港し途中ラバウルに14日入/出港し19日午後3時横浜入港、21日正午出港、神戸に22日午前8時入港、翌23日正午出港、四国沖を鹿児島に向かい24日午前8時入港、24時出港し香港へ27日午前8時入港、その後コタキナバル、シンガポール、フリマントル、メルボルンを経由しシドニーへ10月15日午前7時に戻るスケジュールでした。その後も86年3月までP&Oでの晩年を過ごした間、日本へ度々来航しました。

BATHING Deck : The Plough Tavernと呼ばれるこじんまりとしたラウンジとBarおよびプール[以上ファーストクラス用]
STADIUM Deck : The Lookout:展望ラウンジ、スタジアム、卓球室('82年来航時はカードルームに)、ピアノが置かれた10人位用のレッドカーペットルーム。('82年にはなくなる)、キャビン [以上ファーストクラス用]
卓球室('76年までにゲームルームに。'82年にはジムに)とスタジアム。[以上ツーリストクラス用]
VERANDAH Deck : ジュニアクラブ(’82年にはなくなる)、プリンセスルーム、ギャラリー、ボールルーム('76年までにプリモスルームに)、モンキーバーとベランダ[以上ファーストクラス用]、オーシャンバーとプール[以上ツーリストクラス用]
A Deck : 船首より3分の2はキャビンとシルバーグリル(’76年までにキャビンへ変更になりました)[以上ファーストクラス用]、シネマのバルコニー(共用)グルーンルーム(右舷)、レッドルーム(左舷:'76年までにショップに)、リド、プール[以上ツーリストクラス用]
B Deck : 船首より3分の2はキャビン[ファーストクラス用]、シネマ(共用)、ミッドシップバー、ボールルーム('76年までにカーニバルルームへ)、スターンギャラリーは船尾にあり眺めの良いラウンジ、[以上ツーリストクラス用]
C Deck : 船首より3分の2はファーストクラスキャビン、後方はツーリストクラスキャビンとライブラリー。
D Deck : 医務室、キャビン、ジュニアクラブ[以上ツーリストクラス用]
E Deck : ファーストクラス用レストラン(ワンクラスで運航される時はファーストクラスで使用されていた1−171までのキャビンがこちらを)ギャレーを挟んでツーリストクラス用レストランと後方にツーリストクラスキャビン。

*オリアナとキャンベラにはファーストクラスの一部デッキにコートヤード呼ばれる広めのコナーの窓からインサイドのキャビンの角に設置された窓を通してインサイドキャビンでも景色や外光を取り入れられるよう設計されたコートキャビンが設けられておりました。

*定期客船(ツークラス)としては1972年まで就航。翌年5月18日から2週間クルーズを皮切りにワンクラスのクルーズを実施。

外観はせなうんさんの少し古い客船写真のページをご覧ください。


452.客船保存
名前:せなうん    日付:5月4日(日) 23時53分
ジョージさん ふねきちさん こんばんわ!
客船保存ですが、地元企業の連携が難しいようですね。別府に客船「オリアナ」を係船した際、ホテルシップとして営業する計画が、地元宿泊施設の反対で行えなかったと聞きます。レストラン、バー、販売店についてもしかりで、これが少なからず客船を停泊したままで営業する行為の難しさに繋がるようです。それともう1つ、利用客の少なさ・・・。対応策が判れば商売もやって行けるのでしょうけど、結局誰も答えが出せずにいます。そんな時はお客様の声を1つ1つ拾って改善に努めることが一番だと思いますが、ここの掲示板でそんなお声を関係の皆様にお伝えできればと思います。


454.Re: 客船保存
名前:ジョージ    日付:5月5日(月) 11時19分
せなうんさん こんにちは。
ロイヤル海洋観光のパンフレットが見つからないので定かではありませんが、入場料は1,500〜2,500円程だったと思いますが、入場料のみの収入と宿泊料収入をプラスした場合を考えると、当初より宿泊施設を設けない方針に無理がありましたね。(宿泊料だと15,000〜150,000円位の料金が設定出来たのでは?)     
別府でもっと永く係留されていると思い関西や広島までは幾度か出掛けたのですが足をのばさず、87年3月に神戸のみ寄港のロッテルダムを見に行く途中で、堺の日立造船で改装工事中の姿を見たのが最後です。


457.Re: ロッテルダム
名前:ジョージ    日付:5月6日(火) 22時26分
ロッテルダム世界一周クルーズ

ロッテルダムは60年〜70年代は毎年冬季には世界一周クルーズに就航しており毎年3月にはその姿を日本で見ることが出来ました。
73年のコースはニューヨークを1月18日正午に出港しポートエバグレーズ・南米・アフリカ・インド・セイロン(スリランカ)・ペナン・シンガポール・バンコックを経由し香港に3月13日午前9時入港、15日午後2時出港、長崎に18日正午入港/午後8時出港し瀬戸内海を経由し神戸に20日午前8時入港/午後7時出港、横浜に21日午後2時入港、23日午後3時出港しホノルルへ向かうコースでした。
80年代に入ると世界一周6回と108日間の南米・タヒチ・パプアニューギィニア・東南アジア・鹿児島・神戸・ハワイ・ロス・パナマ運河経由の環太平洋クルーズの計7回のみになり、92年には西海岸発着55日間グランドサークルオリエントクルーズで大阪に初来航し、その後横浜に寄港したのですが翌年には世界一周でロスアンゼルス・ホノルル・西サモア・トンガ・オークランド・シドニー・フリマントル・バリ・マニラ・香港・シンガポール・コロンボ・ボンベイ・スエズ運河・地中海経由のコースになり更に94年にはスタテンダムがその地位を奪ったのですが、95年には再びロッテルダムが返り咲いたのですがロスアンゼルス・ラハイナ・ホノルル・ヤップ・マニラ・アモイ・香港・ダナンのコースを取り、96年にはロサンゼルスからタヒチ・オークランド・シドニー・ホバート・メルボルン・フリマントル・バリ・香港と来ましたが日本には寄らずにダナンへ南下してしまいましいその後はアフリカ・南米経由のコースでした。そして97年の29回目を迎えるコースは1月18日ロスアンゼルス発でコナ・ホノルル・ボラボラ・タヒチ・オークランド・タウランガ・クライストチャーチ・ダニーデン・ミルフォードサウンド・シドニー・アデレイド・フリマントル・バリ・香港・バンコック・シンガポール・コロンボ・マーレ・ボンベイ・マスカット・アデン・サファガ・アカバ・スエズ・アレキサンドリア・テルアビブ・ハイファ・イスタンブール・イラクリオン・ナポリ・ローマ・リスボン・アゾレス・ニューヨーク・フォートローダデール着のコースでした。なお前後にトランスパナマクルーズがありフォートローダデール発着のクルーズかロスアンゼルス発着のクルーズにすることも可能でした。そし翌年からその道をロッテルダム6世に譲りました。ちなみに98年のコースは96年のコースに類似しておりますがタヒチではなくラハイナ・ホノルル・ツバル・フィージー・オークランド・シドニー・ケアンズ・マダン・マニラ・香港・ダナン・ブルネイ・シンガポール・ポートケラン・ムンバイ(ボンベイ)・セイシェルズ・モンバサ・モーリシャス・レユニオン・ダーバン・ケープタウン・南米経由ニューヨーク着のコースでした。これは79年2月に一度西回りコースで横浜に寄港したことがありますが厳寒期のため、1月中旬ロスアンゼルス発西回りコースになってからは寒い日本を避ける為寄港しませんでした。
注)但し74年はヴィーンダムが就航。 


470.別府のオリアナ
名前:ジョージ    日付:5月16日(金) 23時53分

豪華客船オリアナ号、別府に永久入港。1987年8月1日オリアナ号海洋博物館開館。4つのゾーンに分けられ見学ゾーンは操舵室、船長室、客室、機関部などが見学できる。博物館ゾーンには「人類の海、航海へのロマン」をテーマに、船旅世界一周を疑似体験していただく博物館。レストランゾーンはシーフードレストラン、カジュアルレストラン、ティーレストラン、クィーンズバー、バーベキュー&ビアガーデン。多目的ゾーンはコンベンションホール、多目的ホール。
営業時間9:00〜24:00(施設見学は18:00まで。18:00以降は飲食ゾーン娯楽ゾーンの一部及びデッキ、オリアナショップ)
以上はパンフレットから。

462.誘致と自粛  
名前:ぜんまん    日付:5月8日(木) 7時5分
http://www.cosmos.ne.jp/~mainichi/daily/news/20030507.htm#01



464.Re: 誘致と自粛
名前:せなうん    日付:5月9日(金) 20時52分
アジアの人々にとって最大の敵となりつつあるSARSですが、やはりここは船も島も協力しあって拡散を防ぐことが先決!大変残念ですが、島の皆さんの気持ちになれば、判らなくもありません・・・。

459.スーパースター・カプリコーン  
名前:matsuo    日付:5月7日(水) 21時0分
Original Size: 846 x 634, 93KB Original Size: 846 x 634, 99KB Original Size: 846 x 634, 81KB

こんばんは。
「スーパースター・カプリコーン」(19,046総トン)長崎寄港
長崎には毎週水曜日午前9時入港/午後7時出港、6月末までに計8回寄港予定 今後の入港予定日: 5月14日・5月21日・5月28日・6月4日・6月11日・6月18日・6月25日

http://www1.cncm.ne.jp/~mmatsuo/



460.Re: スーパースター・カプリコーン
名前:せなうん    日付:5月7日(水) 21時55分
見たいですね〜!と云うか乗りたいですね〜!以前韓国の客船に乗りましたが、カラオケ大会や、おばちゃんの元気なダンスに圧倒されました。「船に酔うから怖い」とためらっている日本人とは対照的です。商売として成功するといいですね。


EZBBS.NET produced by Inside Web